ジャージー牛 育成牧場

ジャージー牛がのんびり自由に過ごしています。

ジャージー牛 育成牧場

ひるぜんジャージーランド ビジターセンターの裏手に広がる広大な育成牧場。
放牧期間、ジャージー牛たちは育成牧場でのびのびと草を食べ、蒜山の自然に囲まれてのんびりと過ごしています。

 

ジャージー牛に会いにおいでよ

ひるぜんジャージーランドでのんびりするジャージー牛

ジャージー牛たちのゆったりとした佇まいを見ていると、ゆった~り、のんび~り、平和な気持ちにさせてくれるから不思議。

家族や友だちと和気あいあいとと楽しみたいとき
恋人とゆるやかな時間を過ごしたいとき
仕事で疲れて癒されたいとき
なんとなくボーっと無心になりたいとき

どんな時もジャージー牛たちはいつもと変わらぬゆるさで迎えてくれます。

 

ジャージー牛乳の
美味しさの秘密は牧場にあり

緑の大草原でストレスのない環境作りにこだわったジャージーランドの育成牧場。
これが驚くほどにピュアなミルクの秘密です。

ジャージー牛の育成牧場は、上蒜山(標高1,200m)の裾野にあり、標高550~650m間に40haの敷地面積があります。このうち、牛が食べる牧草 を栽培している草地は37ha。雪解けとともに牧草がのびはじめ、4月下旬には放牧を開始し、初雪が舞うころの11月中旬まで行います。この期間の放牧で、ジャージー牛たちは足腰の強い健康な牛に育つのです。

 

良質な牧草づくり

ひるぜんジャージーランドの牧草づくりの様子
ひるぜんジャージーランドの牧草づくりの様子 ひるぜんジャージーランドの牧草づくりの様子

ひるぜんジャージーランド秋の牧草刈り取り

牧草の収穫は最も大事な仕事。
5月下旬から始まり秋までに3回刈り取りをして、ロールサイレージ(漬物みたいなもの)にし、年中、牛に与えられる様に貯蔵します。
牧草の収穫はその年の天候によって大きく左右されますが、良質な牧草を収穫するために土壌・粗飼料分析を行って、土づくり・草づくり・牛づくりを基本に牧場を運営しています。

蒜山酪農育成牧場では現在約500頭のジャージー種(交雑種を含む)を飼育をしています。
このうち、約300頭がジャージー牛肉用(オスの去勢・メス・交雑種)で、約200頭が搾乳素牛(将来乳を搾るメス牛)です。このジャージー牛たちは蒜山酪農農業協同組合員の牧場で産まれた生後2~3週令前後の仔牛で、ここではその仔牛を引き取って飼育しています。

のびのび育つジャージー牛

ひるぜんジャージーランドでのびのび育つ牛たち

ジャージー種は、粗飼料(牧草)を消化吸収する能力が高く、非常に行動的で採食が旺盛です。行動的ではありますが温順で愛きょうのある姿は、私たちの疲れた身体・心を癒してくれます。

今後ともスタッフ一同、ジャージー種の特徴にあった飼育管理をこころがけていきます。

上へ戻る